オーガニック野菜を知る

オーガニック野菜という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
少し前までは「オーガニックって何?」という感じでしたが、今ではオーガニック野菜というと健康によくて美味しいというイメージがすぐに頭に浮かぶ人もいるでしょう。 オーガニック野菜は日本語で言えば、有機栽培された野菜ということになります。 つまり有機肥料のみでつくられた野菜ということで、農薬や化学肥料といった無機肥料を一切使わずに栽培された野菜です。
基本的なことですが、有機肥料と無機肥料の違いをご存知を紹介させていただきます。 有機肥料とは動物性・植物性の肥料のことで、堆肥や家畜の糞尿、骨粉、油カスなどを配合したものとなります。 一方、無機肥料は化学肥料とも呼ばれるように植物の生育に必要な窒素やリン酸、カリウムなどの成分だけを配合したものとなります。
ここで問題となるのは有機肥料と無機肥料のどちらが良いのかということだと思います。 一般的には有機肥料は安全で良いもの、無機肥料は危険(健康に害がある)で悪いものというイメージがありますが、実際にそう単純に決め付けることは出来ません。 上でも説明したように無機肥料は有機肥料から必要な成分だけを抽出したものと考えられますから、無機肥料が良くないというわけではないのです。 効率面だけを見れば無機肥料のほうが優れていると言えます。

■有機肥料がもてはやされる理由
では有機肥料を使って栽培されるオーガニック野菜がもてはやされる理由はどこにあるのでしょう?
それは有機肥料を使って栽培されたオーガニック野菜のほうが栄養価が高いからです。 先ほども言ったように無機肥料は必要な成分だけを配合しているため効率もよく即効性も高いのですが、弱点として無機肥料を使い続けると畑の土が痩せてしまうのです。 そのため野菜は十分に栄養を吸収することが出来ず、栄養価が落ちてしまいます。 そうなれば当然、味の面でも劣ってしまうことになります。
一方、オーガニック野菜に使われる有機肥料はその中に含まれる有機物をバクテリアが食べることで無機物に変換してから野菜の中に取り込まれます。 そのため、無機肥料と比べると即効性には劣りますが、バクテリアの活動が活性化することで畑の土が栄養を蓄えることができるので、そのぶん栄養価の高い作物が収穫できるのです。
ですから、同じ野菜を食べるのならばオーガニック野菜を食べた方が栄養価に優れているため、健康にも良いということになります。 健康のためにもオーガニック野菜を食べましょう。

■有機野菜と言えば北海道
皆さんのイメージ通り北海道では多くの有機野菜が栽培されています。
その理由は、上記にも記載のあるように広大な土地が故、土壌の質が保たれているからです。 農作物を作れば作るだけ、収穫後にはその地で肥料としての活きるため、広い土壌が有機野菜を作ることに適しているということです。
皆さんも北海道の野菜を食べたことがあると思いますが、味に深みがある!と感じた経験はありませんか? 最近では、新潟産のお米より重宝されている北海道産が出回るくらいです。
日本人が国内産を欲する以上、今後多くの食物が北海道から誕生することでしょう。 北海道の良さは食物だけではありません!
北海道は言わずと知れた東北美人が多く集まる街です! 肌が透き通り、寒さから身を守るための程よい資質を持つ女性が多いです。 地域によっては、ぽっちゃりと言う方々もいますが、細い女性が素晴らしいという概念はごく一部の考えであり、本来のあり方としてはある程度ふくよかな女性であるほうが良いとされています。
そんな魅力あふれる北海道の女性と本能のままに楽しい時間を過ごしてみたいと思いませんか?
東北地方からのアクセスが多い北海道の風俗求人サイトで集まった彼女たちのクオリティを是非、一度体験してもらいたいと思います。上記サイトは女性の風俗求人サイトですが、その中でどんな女の子がいるか、店舗の詳細も見えるようになっていますので、肌寒い地方ならではの楽しみの一つとして、利用して頂ければ幸いです。
では、引き続き【野菜関するエトセトラ】をサイト内で紹介させて頂きます。